ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

電通(4324)

2014年10月以来の水準まで売られています。底入れしたとみられるここは狙い目!

きょうは底入れしたとみられる電通です。
凄い下げになっています。1月の年初来高値からの下落率は34%超で、2014年10月以来の水準まで下げています。テクニカル的には超売られすぎ状態となっていましたので、6/3の3525円で底は付けたとみられます。
業績悪化から下げたわけではないので、売り込まれたここは狙い目とみます。

急落したのは決算を受けた5/16からです。
今12月期の第1四半期が売上高2505億円(前年同期比3%増)、営業利益92.94億円(同58%減)、税前利益▲14.84億円(前年同期は190.23億円の利益)、当期利益▲9.30億円(同122.41億円の利益)と大幅減益となり、税前利益と最終損益が赤字になったのが響きました。
しかし通期業績は売上高1兆979億円(同7%増)、営業利益1225億円(同9%増)、当期利益614億円(同32%減)と従来予想を変えていません(税前利益は非開示)。
前年の第1四半期も営業利益と税前利益は223.93(同30%減)、122.41億円(同33%減)と大幅減益となっていました。
第1四半期は不需要になのかもしれません。

当初から予想していた通りの決算を発表したのに、第1四半期の大幅営業減益と税前利益の赤字にびっくりした向きが投げただけだとみられます。
地合いが極端に悪化していたことも下げに拍車をかけたようです。
その意味でここは狙い目でしょう。
信用倍率は4.73倍と買い長ですが、「貸し株」が972万株超出ており、需給は良好。「貸し株」は昨日出来高の7.2日分に相当します。

(5日株価3735円+150円) 買いゾ~ン3800円まで 見切りライン3519円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制