ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > 雪国まいたけ(1375)

注目の厳選銘柄

雪国まいたけ(1375)

公開以来、凄い下げになっていますが、流れが変わった可能性が出てきました。厳冬はきのこ需要に直結します!

今年は個人投資家にとって厳しい年でした。
新興株を中心に中小型株が不振。8月に日経平均が年初来安値を付けた思ったらその1か月後に31年ぶりの高値を更新するなど付いていけない動きでした。

昨日は買われた銘柄が売られ、売られた銘柄が買われる動きになっていました。
本日は大納会です。ゆっくり様子を見ようと思っていたのですが、これはッ!と思う銘柄が出たので紹介します。
ただ会社四季報を見てもいいコメントは全然出ていません。「そうかもしれない」と思った方だけ買ってください。
銘柄は雪国まいたけ。昨年9月に再上場しました。

業績はパッとしません。
9月中間期は売上高205億円(前年同期比9%減)、税前利益23.41億円(同22%減)と減収減益で、今通期では売上高515億円(同0.3%増)、税前利益69.82億円(同2.0%減)と微増収・微減益を見込んでいます。
この業績も影響しているのでしょう(といっても税前利益は過去最高の前期から2%減るだけですが…)。株価は公開以来、凄い下げになっています。高値からの下落率は49.3%。ほぼ半値になっています。
きのこの需要期は鍋物が好まれる冬です。春から夏場の4~9月期は赤字になるときもあります。昨年8月にホクト(1379)を推奨したときもそのようにコメントしていました。
今年は記録的な厳冬になっています。多くの家庭で鍋物を作っているのではないかと思われます。
昨日の株価急伸(6.70%)はそれに気づいた向きが買ってきたのではないかと思われます。

12/28の出来高より少ない出来高で大幅高しているため、売りは枯れ切っているのかもしれません。テクニカル的にみたらずっと売られすぎ状態となっていますが、買いを入れる局面がなく、ずるずる下げてしまった、こんな下げになっています。
それがこの2日間で変わったのではと思わせる動きになっています。大底での陽線立ち。それが2本。

株価の動きをいち早く映すパラボリック指数は昨日の大幅高で陽転(=買いシグナル点灯)しました。MACDは大底圏でフラフラしていますが、本日反騰したら底離れの動きに変わって来ます。
底入れは確認されていませんが、チャート、テクニカル指標からみてここは狙い目ではないかと思います。
信用買い残が20万株ありますが、「貸し株」も52万株超出ています。需給は良好。

(29日株価1195円+75円) 買いゾ~ン1300円まで 見切りライン1100円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制