ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > 長谷工コーポレーション(1808) 

注目の厳選銘柄

長谷工コーポレーション(1808) 

 特に長谷工というわけではありません。住宅関連なら大体OKだと思いますが、大京などとの比較から注目しました。
 注目点は政府・与党があす正式決定する追加経済対策。過去最大の約15兆円の財政出動になる見込みですが、その中に贈与税に関して住宅の購入・改修資金に充てることを条件に非課税枠を現行の110万円から610万円に拡大することが盛り込まれました。今年度から始まる過去最大の住宅ローン減税(10年間で最大600万円)と併せ、住宅メーカーにはかなりのインパクトになるはずです。
 日経新聞も今回の住宅ローン減税をきっかけに住宅を購入しようとする人が増えていると報じているだけに、マンション需要は今後、急速に回復してくる可能性があります。不動産不況で徹底的に売り込まれた後だけに、リバウンドは大きなものになる公算大と考えます。
 信用倍率は1.89倍とやや買い長ですが、売り残は1690万株に達しています。このほかに貸し株が919万株(4月3日報告分)出ています。今期は最終損益も黒字を見込んでおり、業績面からも買い先行となる可能性は充分あります。
 業界トップクラスの収益力があるのに株価はどうしようもない大京の87円よりもかなり割安。JPモルガンやクレディ・スイス、三菱UFJ証券が目標株価を80~100円に設定していることからみても、狙い目は大とみます。(株価54円+1円 見切りライン39円)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制