ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > 立川ブラインド工業(7989)

注目の厳選銘柄

立川ブラインド工業(7989)

今期は28年ぶりの最高益に。踏み上げ相場に発展しそうです!

相場に方向感がなくなっており当面は慎重な姿勢が必要です。下に行く可能性もありますので、ロスカットルールはしっかり守ってください。
本日は需給面からの推奨です。

株価は高値圏で推移しています。
決算を好感して上伸した後、需給・価格調整を経てさらに上昇、足元は高値もみ合いとなっています。
基調の強さは相当なものです。
20日移動平均線、60日移動平均線、100日移動平均線が揃って上を向いており、52週移動平均線まで上を向いています。
損失を抱えた投資家はなく、ホルダーのほとんどはどの水準で利益を確定しようか考えているところだと思います。

業績は好調で今期は売上高407億円(前期比3%増)、経常利益32.50億円(同11%増)、純利益19.50億円(同12%増)と2ケタ増益を見込んでおり、28年ぶりに最高益を更新の見通しです(純益ベース)。
信用倍率は0.44倍と大幅な売り長で売り残は6.26万株もあります。30日の出来高が1.93万株ですから売り残は3.2日の出来高に相当します。
このほか「貸し株」ni出ている株が16.4万株。これは8.4日分に相当します。

 

売り方は大きく担がれた状態になっており、買い戻さざるを得なくなっています。
株価のベクトルは上を向いており踏み上げも期待できるだけに、ここは狙い目でしょう。
ただ今回は高値圏での推奨だけに無理する必要はありません。

(30日株価1179円-3円) 買いゾ~ン1231円まで 見切りライン1099円 100株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制