ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > 決算をチェックし目についた銘柄です

注目の厳選銘柄

決算をチェックし目についた銘柄です

本日の推奨銘柄はこの中から出ます。8銘柄に絞りに絞り込みました。自分好みの銘柄を選んでください。

○BASE(M4477)…2021年1~3月期は売上高22.37億円(前年同期比99%増)、経常利益0.12億円(前年同期は▲0.26億円)と出色で、黒字に浮上。通期業績は売上高97.50~105億円、経常利益(▲14.33億円~9.29億円)を据え置いていますが、大幅上振れが濃厚。
個人、小規模事業者向けECサイトが驚異的成長につながっています。
PTSは1572円+25円 出来高12100株

○テノHD(7037)…2021年1~3月期は売上高29.65億円(前年同期比12%増)、経常利益2.36億円(同26%増)と予想以上。通期業績は売上高120億円(同11%増)、経常利益5.94億円(同0%増)を据え置いていますが、上振れが濃厚で益更新に弾みが付きそう。
高値から大きく押していますが、下げ止まる動きに変わっています。
PTSは1145円+39円   出来高300株

○オークネット(3964)…2021年1~3月期は売上高92億円(同65%増)、経常利益20.17億円(同70%増)と出色。これを受け、通期売上高を337億円→343億円(同42%増)に、通期経常を37億円→45.58億円(同25%増)に増額修正、益更新に弾みが付くと発表。
オンラインオークション需要の高まりでバイヤーが海外まで拡大、全セグメントが好調と会社資料には出ています。テクニル的には下げすぎ状態となっています。
PTSは1435円+148円 出来高1500株

○セレス(3696)…2021年1~3月期は売上高64.67億円(同40%増)、経常利益18.52億円(同262%増)と出色の内容。仮想通貨売買が活発となり持分法利益が5.69億円増加したことも好調の一因。
通期業績は売上高238億円(同17%増)、経常利益26億円(同43%増)を据え置いていますが、大幅上振れが濃厚で、最高益更新に弾みが付きそうです。
PTSは4050円+395円 出来高13500株

○帝通工(6763)…2021年3月期経常は8.83億円(同18%増)と予想(4.50億円)を大幅に上回って着地。今期は売上高132億円(同9%増)、経常利益10億円(同13%増)と一段拡大を見込んでいます。
コロナショックで落ち込んだ株価はあまり上がっていません。その面から注目されます。
PTSは11245円+153円、出来高200株

○EIZO(6737)…前期経常は88.14億円(同33%増)と予想(66億円)を大幅に上回って着地。今期は売上高822億円(同7%増)、経常利益98億円(同11%増)と一段の拡大を見込む。
過去最高益は2006年3月期の119.80億円ですが、今期経常は07年3月期の117.54億円に次ぐ水準まで回復の見通しです。10数年来の最高になるわけで、それを基準にすればもっと上があってもおかしくありません。
PTSは4430円+340円 出来高1200株

○KHネオケム(4189)…2021年1~3月期は売上高238億円(同13%増)、経常利益32.61億円(同60%増)と出色。これを受け、通期売上高を864億円→1040億円(同34%増)に、通期経常を3億円→121億円(同115%増)に増額修正、4期ぶりの最高益になると発表。
PTSは2975円+288円 出来高500株

○参天製薬(4536)…今2022年3月期税前利益は410億円(同230%増)見通しと発表。決算期変更や持ち株会社への移行を延期すると発表したことで、従来ベースでの比較が可能になりました。
決算期変更で利益が落ち込む見通しとなっていたので、株価へのマイナス要因がなくなり、狙い目と判断しました。
株価はコロナ時の安値を下回る水準まで下落しています。
PTSは1435.5円+26.5円 出来高900株

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制