ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > 決算をチェックし目についた銘柄です

注目の厳選銘柄

決算をチェックし目についた銘柄です

本日の推奨銘柄はこの中から出ます。自分好みの銘柄を選んでください。

○シンクレイア(JQ1724)…2021年3月中間期売上高を56億円→60億円に、経常利益を2.80億円→5.20億円に増額修正し、通期売上高を114億円→118億円に、通期経常を6.20億円→8.60p億円に引き上げる。再起応益更新に弾みが付くと発表しています。
PTSは873円+150円ストップ高 出来高3800株。

○ヨンキュウ(JQ9955)…売買代金は629.7万円ですが、指値買いならOKと判断。2021年3月期経常を16.73億円→22.86億円(前期比36%増)に増額しています。3/17に急伸したのは株主優待制度拡充(従来の2倍に)を発表したためです。チャートからは狙い目。
PTSは出来ず。

○ITメディア(2148)…前期の営業利益は20.22億円(同72%増)となり過去最高を更新。今期は売上高75億円(同10%増)、営業利益23.80億円(同17%増)と一段の拡大を見込む。
テクニカル的には売られ過ぎ状態で、MACD、パラボリック指数からも狙い目大と見ています。
PTSは2040円+89円、出来高3100株。

○CTS(4345)…前期経常は21.27億円(同17%増)と予想(17.90億円)を上回って着地、益更新となりました。今期は売上高106億円(同6%増)、」経常利益23億円(同8%増)と一段の拡大を見込んでいます。なのに株価は安値圏。
PTSは890+44円、出来高11900株となっています。

○すららネット(3998)…2021年1~3月期は売上高5.01億円(同60%増)、経常利益1.92億円(同123%増)と出色。通期経常は3.60億円(同40%減)を据え置いていますが、大幅増額が必至。今期の減益予想を嫌気し2/8に急落した経緯があり、テクニカル的には売られすぎ状態となっています。高値からの下落率は65.7%。今期は一転増益となり益更新となる可能性も。
PTSは3700円+210円、出来高700株。

○竹本容器(4248)…2021年1~3月期は売上高38.03億円(同11%増)、経常利益5.55億円(同69%増)と出色。通期経常は16.45億円)(同8%減)を据え置いていますが、進捗率から大幅上振れ必至。今期は一転増益となり、最高益更新となる可能性も。
PTSは995円+61円、出来高1000株。

○あんしん保証(M7183)…決算銘柄ではありませんが、5/12付で東証1部に指定替えされます。2/10に2021年3月期売上高を38.01億円→38.53億円に、経常利益を4.24億円→6.20億円に増額修正、最高益更新に弾みが付くと発表しましたが、なぜか急落していました。テクニカル的には売られすぎ状態となっています。
PTSは411.9円+37.9円 出来高21800円。

○ANAホールディンングス(9202)…中長期スタンスなら確率100%でしょう。株価はまだ底値圏。前期経常は▲4513億円となりましたが、今期は50億円の黒字を見込んでいます。
PTSは2545円+40円、出来高14300円。

この中に眼鏡にかなう銘柄があったら各自の判断で売買してください。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制