ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > 決算をチェックしていて目についた銘柄です(PTSの最終値を記入しました)!

注目の厳選銘柄

決算をチェックしていて目についた銘柄です(PTSの最終値を記入しました)!

決算発表銘柄のチェックが終わりました。
あすの推奨銘柄はこの中から出す予定です。それらは・・・

●東エレデバイス(2760)・・出色の決算です。9月中間期が売上高827億円(前年同期比33%増)、経常利益24.81億円(同96%増)となったことを受け、通期売上高を1540億円→1728億円(同20%増)に、通期経常を51億円→62億円(同34%増)に増額修正、最高益更新に弾みが付くとしています。
昨日、航空電子(6807)、トーメンデバイス(2737・サムスン電子のIC専門商社)、ホシデン(6804)など電子部品株が揃って大幅高しています。
PTSは7560円+60円、出来高900株→ 終値7720円+220円(2.93%)、出来高2500株

●NECキャピタル(8793) ・・9月中間期経常は73.06億円(同279%増)と出色。通期業績は売上高2300億円(同4%増)、経常利益100億円(同64%増)を据え置いていますが、進捗率からも大幅上振れが濃厚。2期ぶりの最高益更新に弾みが付きそうです。
株価はコロナ前を下回ったままです。PERは8.11倍、PBRは0.46倍と超割安です。
PTSは2077円+5円、出来高100株→ 終値2077円+5円、出来高100株

●協栄産業(6973)・・・9月中間期は売上高286億円(同14%増)、経常利益7.53億円(前年同期は▲1.54億円)と出色。通期業績は売上高550億円(同3%増)、経常利益7億円(同68%増)を据え置いていますが、利益進捗率は既に100%超。大幅上振れ必至となっています。
半導体商社で株価はコロナショック前を下回ったまま。PERは6.36倍、PBRは0.33倍と信じられない水準まで低下しています。
PTSは1565円+103円、出来高100株→ 終値1535円+73円(4.93%)、出来高1600株

●ルネサスエレクトロニクス(6723)・・2021年1~9月期は売上高6799億円(前29%増)、営業利益1194億円(同149%増)と出色の内容。合理的な算定が困難として今期業績予想は「未定」としていますが、大幅増収益必至の内容となっています。
車載用半導体で世界トップ級の企業。 世界的に半導体が不足しており、その恩恵を受けることになりそうです。四半期ベースの営業利益は301億円(1~3月)→354億円(4~6月)→538億円(7~9月)と尻上がりに良くなっています。
2018年3月期に記録した最高益(1021億円)を6期ぶりに更新する可能性大となっています。
PTSは1435円+1円、出来高22100株→ 終値1441円+7円、出来高54100株

●JCRファーマ(4552)・・・出色の業績です。9月中間期は売上高283億円(前年同期比159%増)、経常利益137.31億円(同916%増)と信じられない内容。当初予想の経常利益は25億円でした。これを受け、通期売上高を490億円→520億円(同72%増)に、通期経常を187億円→217億円(同155%増)に増額、最高益更新に弾みが付くとしています。
PTSは3026円+194円、出来高4300株→ 終値3098円+266円(9.39%)、出来高19000株

●東邦金属(東証2部5781)・・・9月中間期は売上高34.08億円(前年同期比78%増)、経常利益3.91億円(同694%増)と出色の内容。これを受け、通期売上高を49.40億円→62.50億円(同49%増)に、通期経常を1.70億円→5.10億円(同177%増)に増額修正、今期経常は2001年3月期に記録した最高益(5.60億円)に迫る見通しとなっています。
世界的に非鉄金属市況が上昇しているため、21期ぶりの最高益更新となる可能性もあります。
PTSは1495円+215円、出来高3900株→ 終値1570円+250円(22.66%)、出来高16100株

なお、以上のほかに候補として考えていたのは日本アビオニクス(6946)、メディカルシステムネットワーク(4350)、東邦チタニウム(5727)でした。それらのPTSは昨日終値比で順に220円(9.24%)高、44円(6.36%)高、41円(3.42%)高となっています。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制