ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > 決算をチェックしていて好調さが目立った銘柄です!

注目の厳選銘柄

決算をチェックしていて好調さが目立った銘柄です!

12日は決算発表の最集中日で700社を超える会社が発表していました。2日がかりのチェックがやっと終りました。
最終のチェックはまだですが、目に止まった銘柄を列挙します。
あすの推奨銘柄はこの中から出す予定です。
この中に眼鏡にかなった銘柄があれば各自の判断で売買してください。
それらは・・・

●日本トムソン(6480)・・・9月中間期は売上高300億円(前年同期比48%増)、経常利益25.33億円(前年同期は▲7.57億円)と予想以上。これを受け通期売上高を560億円→610億円(同37%増)に、通期経常を37億円→55億円(前期は2.25億円)に増額修正。下期はさらに良くなるという予想になっています。これが今、一番大事です。
PTSは675円+54円(8.70%)、出来高7100株

●セレスポ(JQ9625)・・・9月中間期経常は11.86億円(前年同期は▲9.16億円)と黒字浮上となる出色の内容。これを受け、未定としていた今期業績を売上高230億円(同422%増)、経常利益22.50億円(前期は▲15.20億円)見通しと発表。会社四季報の経常利益予想(4.50億円)を大幅に上回り、一転最高益に。週足で見れば分かりますが、株価は底這い状態となっています。
PTSは1030円+150円S高(17.05%)、出来高2100株

●ホットリンク(M3680)・・・2021年1~9月期は売上高43.16億円(同44%増)、経常利益7.35億円(前年同期は▲1.33億円)と予想時用。これを受け通期売上高を53億円→60億円(同39%増)に、通期経常を2.24億円→7.87億円(前期は▲18.34億円)に増額修正。
ただチャートはいまいち。
PTSは682円+100円S高(17.18%)、出来高8600株

●MRT(M6034)・・・2021年1~9月期税前利益は10.87億円(同393%増)と出色過ぎる内容。これを受け、通期売上高を30億円→40億円(同56%増)に、通期経常を4.35億円→11.40億円(同375%増)に増額修正、最高益更新に弾みが付く見通しとなっています。
テクニカル的には下げすぎ状態になっています。
PTSは2090円+390円(22.94%)、出来高27600株

●cotta(3359)・・・株価は売られすぎ状態となっています。そんな中、予想以上の決算を発表。2021年9月期は売上高92.58億円(同17%増)、経常利益4.85億円(同51%増)と最高益を更新。今期から新会計基準を採用するので伸び率は出ませんが、売上高101.36億円、経常利益6.67億円を見込んでいます。経常利益は4割近く増加する予想となっています。
PTSは555円+32円、出来高3300株

●PKSHARSテクノロジー(M3445)・・・2021年9月期は売上高87億円(同18%ぞう)、経常利益6.35億円(同5%増)と最高益を更新。今期は売上高120億円(同37%増)、売上高9.40億円(同47%増)と売り上げ、利益とも大幅な伸びを見込んでいます。
株価は底値圏。それも上場来安値圏で推移しています。
PTSは1995円+216+円、出来高6100株。

●全研本社(M7371)・・・今年6月のIPO銘柄。出色の決算です。2021年7~9月期が売上高18.20億円(過去のゼータがなく比較できず)、経常利益5.43億円となったことを受け、通期売上高を69億円→73億円(同18%増)に、通期経常を14億円→17.62億円(同33%増)に増額修正。最高益更新見通しとなっています。第1四半期が経過した段階での増額だけに、先行きへの自信があるからでしょう。
PTSは1177.9円+122.9円(11.64%)、出来高16200株。

●ⅰ-Plug(M4177)・・・今年3月のIPO銘柄。6月に紹介し7月に利確した銘柄です。
これも出色の決算です。9月中間期は売上高11.51億円(過去データがなく比較できず)、経常利益▲0.35億円。通期業績は売上高29.35億円(同36%増)、経常利益3.06億円(同4%増)と最高益を見込んでいますが、大幅上振れが必至。
四半期ベースで見たら売上高は第1Qの4.42億円が第2Qは7.09億円に、経常利益は第1Qの▲1.63億円が第2Qは1.28億円の黒字に浮上しています。
下期売り上げは上期の2.5倍になる予想ですから凄い増額になる可能性があります。
なおPTSは出来ず。

このほかに目に止まった銘柄はアエリア(JQ3758・業績はいまいちですが、極限まで下げた感じです)、nmsホールディングス(JQ2162・業績はいまいちですが、売られ過ぎ状態になっています)、日本一ソフトウェア(JQ3851・予想以上の決算で増額修正。ただ8月の第1四半期決算を受けて急伸していたので、増額になることはある程度織り込んでいる可能性があります。)
長くなるのでPTSだけ記入しました。PTSは順に1438円-1円、出来高300株。nmsは出来ず。日本一ソフトは1600円+162円(11.27%)、出来高1700株
となっています。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制