ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

東京製鉄(5423)

株価は超売られすぎ状態となっています。こうした中で予想以上の決算を発表しました!

昨日は不気味な下げでしたが、弱気相場になったとはみていません。
きょうは「きのうの下げは何だったんだ」という相場になるのではとみています。
きのう時点では明日はこれ以上の下はないとみていたG3ホールディングス(東証2部3647)を紹介しようと考えていましたが、昨日がオーバーシュート的な下げだったとなると、銘柄は変わって来ます。
本日は売られすぎた東京製鉄(5423)です。

昨日は35円(4.42%)安となり年初来安値を更新して引けていました。
世界的な貿易摩擦を警戒して4カ月近くも下げていましたが、昨日の下げはダメ押し的な下げになったのではとみています。
6月の直近高値からの下落率は27%ですが、ボリンジャーバンドの-3σを下回る異常な水準まで下げています。
こうした中、予想を上回る決算を発表しました。

9月中間期は売上高968億円(前年同期比23%増)、経常利益76.49億円(同3%減)と大幅増収・微減益となりましたが、経常利益は予想(60億円)を大幅に上回って着地しています。
鋼材需給の引き締まりで市況が回復、その効果が出ています。
これを受け、通期売上高は2060億円(同25%増)を据え置いていますが、経常利益は120億円→130億円(同10%増)に引き上げています。
が、黒鉛電極やレンガの値上がりが一服したことから、下期は採算が改善する見通しで、再増額の可能性も大。
これまでの下げで想定される悪材料は100%以上織り込んでいるはずです。
となれば予想以上の決算で、当面の不安材料は一掃されたことになります。
その意味でここは狙い目でしょう。
信用倍率は1.15倍と接近しており、「貸し株」が228万株超出ています。需給は良好です。
心配な方は寄った後の動きを見てから買ってください。

(23日株価757円-35円) 買いゾ~ン818円まで 見切りライン699円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制