ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > 本日は様子を見たいと思います

注目の厳選銘柄

本日は様子を見たいと思います

本日は様子を見たいと思います。
昨日のNYダウは1464ドル安と大幅安となっています。
トランプ大統領が打ち出した給与減税(税収は1.2兆㌦。全歳入の3割を超えるとのことです)についての詳細(減税規模など)がなく市場が失望していた中、WHOが今回のコロナウイルス感染は「パンデミック(世界的な大流行)」とみなされると発表したことを受け、売りが一段と加速したためです。

米議会には給与減税について慎重論も根強いそうで、そのことが報じられてCMEのNYダウが急落すると、一時プラス圏にあった日経平均まで急落。昨日は予想外の451円安となりました。
NYダウは東証の取引時間中に700~900ドル安くなっていたように思いますので、昨日の急落は相当程度織り込んでいます。
英国株は昨日1.4%安となっていますが、独、仏、伊の下げは0.3~0.5%と大したことはありません。

時間足チャートを見たら分かりますが、米国株は下げ幅を縮小しつつあったものの、「パンデミック」指定で下げが加速しただけ、こんな形になっています。
パンデミック指定は過去50年で6回出ていたと今朝のTVが放送していました(しっかり見ていたわけではないので期間は正確ではありませんが、回数は5~6回だったはずです)。

今回の新型コロナウイルスは前からそうなる可能性があったわけですから、日本ではやっはりか、となりますが、中国から大きく離れたところにある米国ではショックだったのでしょう。
きょうは様子を見るだけにしてください。
ナンピン買いもOKと見ています。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制