ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

マーケット解説

本日はありません

本日の「注目の厳選銘柄」はありません。
昨日まで1カ月以上も決算プレーが続き個別勝負の動きになっていたので、全体を捉え切れていなかったからです。
どういう銘柄が買われ売られているのか、決算プレーで急伸、急落した銘柄のその後はどうなっているのか、こうしたことが今、わからないのです。

実体経済と株価の格差も極限近くまで来ている可能性があります。
経済再開への過剰ともいえる期待から世界的に株価が上がっていますが、こんな状況が続くはずはありません。

相場は1番底を付けた後、2番底を付け、さらに上がっていきます。
そうならなかったときは底割れし、それこそ暴落ともいえる下げになります。
今回2番底を付けることなく日経平均が底値から6000円近く(正確には5803円、35.4%)も上昇しているのは、相場がいきなり最悪の局面(いわゆる大底)を織り込んでしまったからではないかと見ています。
2月下旬から3月中旬にかけての、あの崖から落ちるような下げは「世界経済崩壊」、「世界恐慌」を織り込む動きだったとみています。
ですから相場が3月安値を割り込むことはもうないはずです。
それがあるとすれば更に最悪なことが起こるときだけ。

といっても底値から35%も上がったらそれなりの調整は避けられません。
ハーモニック・ドライブ・システム(6324)の株価を見てください。第4Qの営業利益が▲3.74億円の赤字になったのに、株価は昨年来高値を更新しているのです。
ここまで上がっていなくても、こんな銘柄がいっぱいあるのです。
何がどうなっているのか、見極める必要があるのです。
きょうはゆっくり様子を見てください。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制