ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

本日はありません

本日の「注目の厳選銘柄」はありません。
きのう(24日)、CMEの日経平均先物が800~900円安で推移していたため、売られすぎた銘柄を探そうと25日移動平均線からのマイナス乖離が20%以下(以上?)で経常増益率が10%以上の銘柄をスクリーニングしました。
12銘柄出てきたので、その中から紹介しようと思っていましたが、NYダウの1031ドル(3.56%)安を見て、きょうは様子を見た方がいいと考えを変えました。

新型コロナウイルスの感染拡大から世界経済への影響が懸念されたのが主因といわれていますが、民主党の大統領予備選で社会主義者のサンダース候補が圧勝したこと、マークイットの総合PMIが50を一気に割れたこと(2013年以来)も下げを加速したようです。
結果、新型コロナウイルス分がどの程度か分かりません。
そんなこともあって様子を見た方がいい判断したのです。

新型コロナウイルスについては懸念面での最悪期は、いま通過しつつあるのではないかと思います。
そのとおりなら、ここから下値を更に切り下げることにはなりません。

なお前記の12銘柄は
Kudan(M4425)、ユナイテッド&グロウ(M4486・2019/12のIPO)、エンバイオHD(M6092)、ツナグループ(6551)、グルーバルHD(M6557)、ベストワンドットコム(M6577)、インティメート・マージャー(M7072・2019/10のIPO)、スポーツフィールド(M7080・2019/12のIPO)、ワイヤレスゲート(9419)、ブティックス(M9272)、セレスポ(JQ9625)、ビジョン(9416・旅行関連だったため21日利確を指示した銘柄です)
です。
すべて最高益更新見通しですが、直近上場銘柄はデータがなく詳細は分かりません。
関心のある方は各自の判断で売買してください。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制