ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

マーケット解説

本日はありません

本日の「注目の厳選銘柄」はありません。
きょうは様子を見たいと思います。

昨日の後場からの急落は人民元安を起点にした中国株安を受けたものでした。
中国株の急落と歩調を合わせるように日本株も下げる動きとなっていました。
指数がフシ目の22018円を下回ったため、機械的な売りを呼び込み下げを大きくしたようです。

2015年夏の「チャイナショック」が頭をよぎったことも売りに拍車をかけたようです。
中国では売りを規制するなど当局のPKOが続いているはずですが、上海総合指数はフシ目の3000を割り込み、1月高値からの下落率が2割超に達しています。
昨日終値は前日比2.52%安の2775。もし貿易戦争激化で一段安し2016年2月の2687を割り込めば、株価崩壊という事態になりかねません。
ここまでは悲観的な見方です。

でも昨日の急落は「下げそうで下げない」これまでのもやもやを払拭するスカッとするものでした。
こういう下げを期待していたのです。
テクニカル的に見たら日経平均、TOPIXとも下げすぎ状態。
NYダウがいい形で反発していますので、そろそろ反転してもおかしくありません。
底入れはまだですが、資金に余裕があったら、ここは第一弾の買いを入れるところではないかとみています。

ただ不安感も残っていますので、本日は様子を見たいと思います。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制