ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

有楽土地(8838)

 チャートをみたら分かりますが、株価は下げ余地のないところまで下がっています。3ヶ月近くに亘って底練りの動きが続いていますが、下値は着実に切り上げており、大底はすでに付けています。
 同社は大成建設の連結対象子会社。不動産関連ですが、新興の不動産会社のように資金繰り難から破綻するような会社ではありません。マンション販売の不振などから今3月期の最終損益は60億円近い赤字になる見通しですが、これは株価にはすでに織り込み済み。厳しい販売環境はもう少し続くと思いますが、株価面では悪材料は出尽くしたとみていいのではないかと思います。
 1株純資産655円に対し株価は121円。PBRはわずか0.18倍台に過ぎません。倒産の瀬戸際まで追い込まれたパシフィックHD(8902)が0.17倍台、リサ・パートナーズ(8924)が0.38倍台、ダヴィンチHD(4314)が0.33倍台あることから考えても明らかに売られすぎです。派手さはありませんが、中期でじっくり狙うなら最高の銘柄ではないかと思います。(株価121円+5円 見切りライン99円) 

(銘柄フォーロー) 三晃金属工業(1972) 340円+43円

 急伸してきました。予測どおりの展開です。ボリンジャーバンドの+2σを大きく上抜けてしまいましたが、まだ初動段階。今年からソーラー発電システムの導入には国からの補助金が付くため、今後、太陽光発電システムが急速に普及すると見られます。押したところがあれば狙い目でしょう。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制