ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > 日鉄住金テックスエンンジ(1819)

注目の厳選銘柄

日鉄住金テックスエンンジ(1819)

大幅増益見通しも、株価は売られすぎ状態に。増配の可能性も強まる!

2013年10月に旧太平工業が日鉄エレックスと統合して発足。
株価は高値を付けた後の安値圏で推移しています。高値からは3割弱下落しており、テクニカル的には売られすぎ状態となっています。
ただここへ来て下げ渋る動きに変わっています。
チャートが2回、長い下ヒゲを引いていることから、これ以上、下には行きたくない動きです。
こうした中、本日の日経紙が2015年3月期配当(期末一括)を2~4円増やし、10~12円にする見通しと報じています。
2014年10月に関連会社7社を統合した効果で利益が膨らむため、増配で株主に報いるとのことです。
統合効果もあり今期経常は100億円(前期比107%増)を見込んでいますが、会社四季報では来期は売上高3000億円(今期予想比20%増)、経常利益m130億円(同30%増)と一段の拡大を予想しています。
PBRは0.67倍台にすぎません。
下値リスクが乏しいうえ、配当利回りが2.01~2.41%ありますので、ここは狙い目ではないかとみています。

(22日株価497円) 買いゾ~ン535円まで 見切りライン479円 1000株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制