ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > 日本製鋼所(5631) 

注目の厳選銘柄

日本製鋼所(5631) 

 底入れ反転の動きになってきました。相場の地合い好転で28日以降、流れがガラッと変わってきた感じです。かつて経験したことのない強烈な売られ方をしたのでその反動から怒涛のリバウンド相場になろうかという動きになっています。同社株は9月の初めごろは2000円近い株価でした。それがわずか2ヶ月足らずで446円まで77%超も売り込まれました。ほぼ5分の1です。今年6月の高値からの下落率は81.5%。東証1部の下落率上位にランクされる凄い下げ方ではないかと思います。
 業績が悪くて下げているのではありません。中間期決算は11/4に発表されますが、これまでのところ減額などは行っていません。原発や火力発電向けが主力で他の企業ほど景気変動の影響を受けにくいからです。原油価格の大幅下落と金融市場の混乱でプラント需要が世界的に伸び悩む可能性が高まっていることも否定できない事実ですが、それについてはこれまでの株価急落でかなり織り込んでいるのではないかと思います。
 世界有数の原発メーカーだけに大きく売り込まれたここは狙い目でしょう。MACDが買いシグナルを発しており、チャート妙味も増しつつあります。(株価692円+100円 見切りライン600円)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制