ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

人気ブログランキングへ

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > 日本特殊陶業(5334)

注目の厳選銘柄

日本特殊陶業(5334)

今度は個体電池関連としての紹介。EV車云々で売られることはなくなったと思います。業績は好調で今期は4期ぶりに最高益を更新の見通しです!

 本日は9/26に紹介し10/6に利確した日本特殊陶業です。
前回はEV(電気自動車)関連株が凄い人気を集めていた対極にあって一方的に売られていたとき、売られすぎだとして紹介しました。EV車が普及すると同社の点火プラグの需要はなくなってしまう可能性がありますが、でもそうなるのは大分先のこと。
トヨタが安全性に優れる「全個体電池」車の開発に全力をあげると発表しましたが、同社も20年代に「全個体電池」を開発すると発表しています。責められる一方ではなく、生き残りをかけた取り組みは既に始まっているのです。これまではEV車云々で売られてきましたが、今後はそうならない可能性が出て来たとみています。会社四季報にはっきりと全個体電池実用化と出ていますので、今後は逆に評価される可能性があるのではとみています。

業績は好調で今期は売上高4082億円(前年同期比期比9%増)、経常利益705億円(同26%増)と大幅増益を見込んでおり、4期ぶりに最高益を更新の見通しです。
同社を取り上げた背後にはこの業績の良さがありますが、フシ突破が最大の理由です。
戻り高値を更新しておりチャートは上値追いが期待出来そうないい形になっています。3月に付けた高値(2794円)更新も目前。新値更新となれば上げ足に弾みが付く可能性大です。
このほか5日線、20日線、60日線、100日線がすべて上向きに変わっています。このパタ~ンが続いたら長期上昇相場に発展することはSEMITECのところでコメントしたとおりです。

信用倍率は3.47倍と買い長で買い残が576万株ありますが、「貸し株」が237万株超出ており、需給はそう悪くありません。
2015年6月に3900円まで上昇した実績があります。4期ぶりの最高益更新となるのに株価はその7割の水準
にすぎません。
前回は「・・・ただ上述のネガティブ材料を抱えた銘柄であるということは忘れないでください」と枕詞を付けましたが、今回は「EV車がマイナスに作用しなくなるとしたら」、ここは狙い目ではないかと思います。
(22日株価2761円+40円) 買いゾ~ン2810円まで 見切りライン2599円 100株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制