ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

日本板硝子(5202)

業績は予想以上です。もみが煮詰まれば一段高も。需給も良好!

相場に方向感が出にくい中、資金は東証1部の大型株に向かっています。
日銀の年6兆円のETF購入発表で売り崩しづらい相場になっており、追い込まれた空売り勢は買い戻しを余儀なくされています。
売り込まれた銘柄を中心に戻す展開になっているのはそのためです。
買い手掛かり材料が乏しいため、本日はそういった銘柄です。

Brexitで大きく売り込まれた銘柄の一つです。
しかし一時からは大きく戻し、Brexit前の株価まであとわずかとなっています。
業績が予想以上のペースで回復しているため、8月1日の「注目の厳選銘柄」では最後に、このほか推奨するか最後まで迷った銘柄は以下の銘柄ですとし、ダイジェット工業(6138)、日本ライフライン(7575)、星光PMC(4963)、極楽湯(JQ2340)、日本板硝子(5202)、デジタルアドベンチャー(JQ4772、株価39円)などを紹介しました。

2016年4~6月期の税前利益は106.75億円(前年同期は▲17.58億円)と出色の出来で、中間期で計画している60億円を大きく超過達成、通期で計画している150億円(同▲374.39億円)も大きく上回りそうです。
信用倍率は4.03倍と買い長ですが、「貸し株」が4170万株超出ています。
昨日の出来高が1078.2万株ですから少ない株数ではありません。
それらは持ち上げられた状態になっています。
英国のEU離脱で英子会社のピルキントン社の採算が悪化するはずだとして売り込んだと思いますが、現在のところポンド安で輸出採算は逆に改善しています。

株価は決算を好感して上昇した後、80円を挟んでもみ合っています。
煮詰まったら上放れる公算大とみています。
下値リスクは乏しいとみられるだけに、ここは狙い目とみます。
ただこれまでの銘柄と違い、短期間で大きく上がる銘柄とはみていません。

(17日株価81円+2円) 買いゾ~ン85円まで 見切りライン72円 1000株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制