ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

日本化成(4007) 

 本日の東証第1部の値上がり率ランキングの第1位。株式新聞の第1面で大きくスペースを割いて推奨したことがきっかけとなり大きく放れて来ました。それまでは120円台のもみが2ヶ月以上も続いていました。もみが煮詰まって上放れる、こういった動きとなっています。
 今3月期は27%減益見通しとなっていますが、収益環境の厳しさを考えるとそんなに悪い内容ではありません。PERは13.7倍台と割安感があり、PBRも1.37倍台。
 注目点は空売りの動向。現在でも信用倍率は0.89倍と売り長で逆日歩も発生(5銭)していますが、本日の1117万株の猛烈な商いからみて、大量の空売りが入った可能性があります。それまでは1日当たり出来高は3~7万株しかありませんでした。
 大幅高したとはいえ株価はまだ底値圏。空売りが急増し、日証金ベースの貸借倍率が狙い目と見られるような比率(昨日時点で0.49倍。説明しにくいのですが0.55倍以下とお考えください)に低下していたら、取り組み妙味から一段高に進む可能性があります。年末を控え材料株を物色する動きが本格化していますので、GSユアサやダイワボウ、日本製鋼所などに続く銘柄りなる可能性も充分。
 貸借倍率が分かるのは明日ですが、妙味なしと判断されたら見送ってください。ただしあくまでも割り切って買える方が対象です。(株価162円+36円 見切りライン140円)

(銘柄フォロー)アクロディア(東マ3823)125500円+195000円

 昨日は中国唯一無二の巨大メディアである百度(Baidu)との業務提携が好感されストップ高買い気配で引けました。本日もストップ高張り付きかと思いましたが、114000円で寄ったあとストップ高まで買われましたが、その後は120000~125000円のもみ合い。5分足チャートをみれば分かりますが、利食い売りをこなしながらの強い動きです。出来高は9041株と大商い。12/12報告分の貸し株残高が4047株(前週比-587株)ですから、ひょっとしたら本日で買い戻しが終わった可能性もあります。
 チャートはミニゴールデンクロスを示現。今まで抜けなかった一目均衡表の基準線102950円を大きく抜いて来ました。次は一目の「雲」の中に入れるかですが、132400円を越えて来れば雲入りしますので注目です。トレンドは変わったのではないでしょうか。ACCESS(4813)は目先の天井をつけた可能性があります。次は出遅れのアクロディアの番だと思います。引け後にまたIRが出ました。

http://www.c-direct.ne.jp/public/japanese/uj/pdf/10103823/20081219165072.pdf

(銘柄フォロー)ザッパラス(3770) 214800円+4800円

 業績が良いのに売られ過ぎです。昨日、201000円まで売られてから切り返して来ました。本日は5日線を回復して引けていますので目先の底を打った可能性があります。基本的に20万円~26万円のボックス圏の動きですから下値不安は乏しいでしょう。

(銘柄フォロー)ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(JQ7774)104300円-15700円

 素晴らしい材料が出たのに何故ここまだ下がるのだろうと多くの方が思っているかと思います。会社側に確認しましたが、ここまで売られる理由は見当たらなく、来年の1/1から保険適用になるのでこれから忙しくなるとのことでした。これはあくまでも憶測として話してくれましたが、年末で公募価格を回復したので、年内には株券を売って現金にしたいベンチャーキャピタルが売ってきたのではないかということです。私もそう思っています。将来性があり材料性豊富な株ですので安いところは買い増しのチャンスだと思います。参考のために以下の資料を見て下さい。

http://www.sanyo-biomedical.jp/user/pdf/20060301102846.pdf?

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制