ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > 日本マクドナルド(JQ2702)

注目の厳選銘柄

日本マクドナルド(JQ2702)

業績は劇的に改善し今期も最高益更新予想。株価は底入れ反転の動きに変わろうとしています。需給面からも狙い目は大!

きょうは底入れ反転の動きになったマクドナルドです。
人件費高を懸念し特に外食関連株は大きく売られてきました。
同社株も6月の6030円を高値に大きく下落しましたが、ここへ来て下げ止まり、反転の動きへと変わりつつあります。
高値からの下落率は20%超。テクニカル的には売られすぎ状態となっていましたので、9/7の4810円で底は入れたとみられます。

企業再生が成功し、業績は様変わりで改善しています。
注目されるのは既存店売上高34カ月連続で前年を上回っていること。こんな外食店は皆無です。因みに9月の売上高は前年同期比8.4%増となっています。
これを受け業績は黒字に浮上、6月中間期は売上高1330億円(前年同期比9%増)、経常利益139.91億円(同38%)と予想を大幅に上回って着地しました。
通期では売上高2690億円(同6%増)、経常利益217億円(同10%増)を見込んでいますが、会社四季報は「会社比強気」とし、売上高2730億円(同7%増)、経常利益242億円(同22%増)と前期に続いて最高益を更新すると予想しています。

信用倍率は2.76倍とやや買い長で買い残が45.8万株ありますが、「貸し株」が204.9万株出ており需給は良好。因みに貸し株は昨日出来高の10.4日分もあります。
「貸し株」の推移を見ると8/24で終わる週に前週比+69.5万株の159.3万株→9/14で終わる週に同+27.6万株の206.9万株となっています。
人件費増から労働集約型企業の業績が悪化したことを見て売り仕掛けを行ったようですが、ともに下値を叩いた結果になっています。
売り方は持ち上げられた状態になりつつあるだけに、ここは狙い目とみます。

(22日株価5050円-20円) 買いゾ~ン5250円まで 見切りライン4809円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制