ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > 日本ホスピスHD(M7061)

注目の厳選銘柄

日本ホスピスHD(M7061)

決算は予想通りで今期も最高益更新見通しです。下げ過ぎたここは狙い目!

決算プレーが終わったので本日から通常の推奨に戻ります。銘柄は日本ホスピス。
10/1に紹介した同業のアンビスHD(7071)は決算を好感して急伸したので11/13に利確することができました(昨日も大幅高しましたが…)。アンビスを紹介したのは同社に比べ出遅れが目立っていたからです。
でもその後の動きは対照的です。アンビスが上場来高値更新かという中、軟調な動きになっています。
そうなっているのには業績も多少影響しています。

株価は昨日急落していました。
2020年1~9月期が売上高35.88億円(前年同期比17%増)、経常利益1.12億円(同56%減)と大幅増収となったものの、利益が大幅に落ち込んだからです。
でも通期業績は売上高52億円(同24%増)、経常利益4億円(同3%増)を変えておらず、最高益更新見通しも変わりません。
11.2%も下落した後、大きく戻したのは、予想通りの決算であったことが分かっていた向きの買いでしょう。

末期がん患者や難病患者を対象にホスピス住宅で「看(み)取り」の終末ケアを行っています。高齢化社会の進展を背景に「看取り」の需要は順調に(?)に拡大しており、施設開設が順調なら売り上げの大幅増は難しくありません。
ただ開設コストの負担は大きく、ドンドン開設というわけにはいきません。1~9月期の56%減益は昨年末に開設した東京世田谷区の二子玉川ハウスの開設コストが加わったためです。
が、コストは期を追って軽減、新設ハウスの寄与もあって利益は急拡大しています。7~9月期を取り出すと売上高13.02億円、経常利益0.82億円と中間期(売上高22.86億円、経常利益0.30億円)からV字回復しています。
会社四季報では2021年12月期は売上高70億円(今期予想比34%増)、経常利益6.4億円(同60%増)と凄い増収増益を予想しています。
昨日は表面上の決算を見て売られましたが、7%も下げたここは狙い目でしょう。
収益性も急速に改善しています。
信用買い残が7.6万株ありますが、「貸し株」も5.2万株出ています。需給に問題はありません。

(16日株価1981円-149円) 買いゾ~ン2150円まで 見切りライン1889円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制