ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > 日本バルカー工業(7995)

注目の厳選銘柄

日本バルカー工業(7995)

第1Qが過ぎた段階で早くも増額修正を発表。最高益更新に弾みが付く見通しです。決算プレー後の調整はほぼ終了しています!

市場のセンチメントは徐々に良くなっています。頑張りましょう。
本日は決算プレー第1弾銘柄として7/26に紹介、2日後の30日に利確した日本バルカーです。

2018年4~6月期は売上高132億円(前年同期比12%増)、経常利益18.02億円(同17%増)と予想を上回るものでした。
これを受け、通期売上高を497億円→505億円(同6%増)に、通期経常を57億円→60億円(同9%増)に増額修正、最高益更新に弾みが付くと発表しています。
ただこれは中間期で増額した分(売上高で8億円、経常で3億円の増額)をオンしただけの増額であり、再増額の可能性大とみられます。

注目さるのは決算短信の以下のコメント。
「第1四半期は先端産業市場に向けた販売が想定以上となったことに加え、機器市場並びにプラント市場に向けた売り上げも堅調に推移したため、売り上げ・利益とも計画を上回る実績となりました。
足元の業績動向を精査したところ、第2四半期以降も売上高・利益とも前回発表予想を上回る見込みとなったため、予想の修正をいたします」。
力強いコメントです。それで第1四半期が経過した段階でいち早く増額修正を発表したのでしょう。自信の表れです。

決算プレー後の需給・価格調整はほぼ終了、反転の動きに変わろうとしています。
急伸の過程で空いた「窓」埋めもほぼ完了しています。
後はきっかけだけという状態。
信用倍率は2.66倍と買い長で買い残が5.9万株ありますが、「貸し株」が13.1万株出ており、需給は良好。
これは24日出来高の3.2日分に相当します。
下値リスクは小さく、ここは狙い目とみます。
海外売上比率は27%と大きくはありませんが、ある意味、景気敏感株でもありますので、見切りラインには注意してください(米中貿易戦争下の製造業は特にそうです)。

(24日株価3145円+5円) 買いゾ~ン3250円まで 見切りライン3069円 100株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制