ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > 日本たばこ産業(2914)

注目の厳選銘柄

日本たばこ産業(2914)

3600円どころは岩盤。トレンド転換の動きになりそうです!

市場では高値警戒感が強まっていますので、きょうも下値リスクの乏しい銘柄です。
好調な海外需要を背景に昨年2月には4850円まで上昇しましたが、その後は長期に亘る調整が続いています。
ただチャートからは今年2月の3607円と9/8の3641円でWボトムを形成した可能性が強まっています。3600円どころは岩盤のように見えます。
こうした中、下を向いていた20日線が横ばいに変わり、日足が60日線を突破する形になっています。
ボリンジャーバンドが収縮しているなか2σはおろか3σまで突破してきましたので、トレンドが上抜きに変わったのではないかと思います。

業績はまずまず。
今12月は売上高2兆1250億円(前期比0.8%減)、営業利益5650億円(同4.7%減)と微減収・微減益予想。好調とは言えませんが、悲観するほどではありません。
業績の伸び悩みがここまで下げた要因かもしれませんが、すでに底を入れ、反転しようかという動きに変わっています。
信用倍率は12.77倍と買い長で買い残が247万株ありますが、「貸し株」が3650万株超出ています。これは昨日出来高の7.23日分に相当します。
下がらなくなったら買い戻すしかありません。
きょうは続伸した反動が出る可能性がありますが、ここは狙い目とみます。

なお決算発表もので買い推奨するか迷ったのは日本モーゲージサービス(JQ7192)です。昨年12月のIPO銘柄です。底入れチャートになっていますので、各自の判断で売買してください。

(16日株価3782円+89円) 買いゾ~ン3850円まで 見切りライン3640円 100株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制