ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

日新電機(6641)

予想を上回る決算で前期は24年ぶりに最高益を更新。決算を機に反転の動きも!

決算をチェックしていて好調さが特に目立った銘柄です。
2016年3月期は売上高1136億円(前期比6%増)、経常利益121.40億円(同31%増)と予想を大幅に上回って着地、1992年3月期に記録した最高益(100億円)を22年ぶりに更新しました。
今期は売上高1300億円、経常利益150億円(同23%増)と一段の拡大を見込んでいます。
会社四季報予想の経常が120億円ですから、市場予想を大きく上回る予想となっています。
FPD用イオン注入装置が中国向けに特に好調とのことですが、各部門とも順調に伸びており受注は好調とコメントしています。

株価は1379円の高値を付けた後の調整局面にあります。
まだ下げ止まったとはいえませんが、チャート的にはそろそろ調整一巡感がでてきてもおかしくないところまで来ています。
決算を機にそうなる動きになるのではとみています。

信用倍率は0.34倍と売り長で「貸し株」も82万株超出ています。
需給は良好。
ここは24年ぶりの最高益を評価したいと思います。
(12日株価1175円)買いゾ~ン1350円まで 見切りライン1154円 100株単位

なお同社以外で買い推奨するか最後まで迷った銘柄は、昨年12月上場のダブルスタンダード(M3925)、品川リフラクト(5351)、クリヤマHD(東証2部3355)、星和電機(東証2部6748)、今年3月上場のウイルプラス(JQ3538)などです。
眼鏡にかなうものがあったら各自の判断で売買してください。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制