ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

日揮HD(1963)

業績は予想以上。この環境下で増益を見込んでいます。コロナ禍で大きく下げたここは狙い目!

昨日もコメントしたようにコロナワクチン開発で物色の流れが変わったかはまだ分かりません。
ただナスダック指数は昨日も下落しており、これまでのような考えでの投資は難しくなったように思います。
本日は日揮HD。コロナとは関連はありませんが、多くの銘柄と同様、ころなで売られました。その修正が進むのではないかと見ています。

昨日発表した決算は予想を上回るものでした。
9月中間期は売上高1994億円(前年同期比8%減)、経常利益119.28億円(同15%増)と減収ながら増益を達成しました。
同社は中間期業績見通しを発表していませんが、会社四季報予想の95億円を大きく上回るものでした。
通期業績は売上高4800億円(同0.2%減)、経常利益230億円(同2.8%増)を変えていませんが、上振れる可能性もあるのではと見ています。
コロナの影響を跳ね返して増益を達成するわけですから、コロナ前の株価になっておかしくありません。

テクニカル的には「超」売られすぎ状態となっていましたので、10/30の849円で底は入れたと見ています。チャート分析上の2番底です。
相場の流れをいち早く反映するパラボリック指数はきょう、あすにも陽転しそうです。
そのため、ここは狙い目でしょう。

昨日の「窓」を開けての急伸は決算期待より売り方の買い戻しによる先物絡みの上げだったとみられます(同社は225採用銘柄です)。
受注は良好です。
上期の受注高は4981億円。これに対し売り上げは1994円。結果、前期末に9453億円だった受注残は1兆2642億円(前期末比33.7%増)に増加しています。
信用倍率は8.30倍と買い長で買い残が187万株ありますが、「貸し株」も895万株超出ています。
需給は良好です。

(10日株価967円+74円) 買いゾ~ン1030円まで 見切りライン856円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制