ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

技研製作所(6289)

国土強靭化計画に乗った銘柄です。今後の日本を守る会社となりそうです。業績は好調で今期も最高益更新見通しです!

きょうから決算プレーとなるので期待していたのですが、昨日の発表ものにはいいのがありません。それで本日は前から温めていた銘柄です。
以前と違い台風災害が甚大なものになると分かった昨年10月以降、株価の動きが変わっています。
同社は特殊工事に特化した開発型の企業です。それだけに収益性は群を抜いており売上高経常利益率は20%を超えています。

いま特に注目されているのが同社のインプラント工法。地中に杭を打ち込んでインプラント構造物を構築し、地震や津波、豪雨災害に耐えられる地球と一体化した粘り強い構造物を造る工法です。
堤防が決壊した長野県千曲川の惨状から俄然注目され、すでにその復旧工事を受注したそうです。
政府の国土強靭計画もあり、これまでの土を積み上げただけの工事は過去のものとなりそうです。そのため今後、日本を守る会社として認知されるのではと見ています。

1/10発表した2019年9~11月期決算は売上高58.67億円(前年同期比12%減)、経常利益4.60億円(同65%減)と大幅減収減益となりましたが、通期業績は売上高360億円(同11%増)、経常利益69億円(同2%増)と従来予想を変えていません。わずかではありますが、今期も最高益を更新の見通しです。
株価は大幅減益を嫌気し急落しましたが、売りが一巡した後は急速に戻す動きになっていました。建設機械の販売だけでなく工事も行っているので、四半期で見るべきではないとの判断があったからだと思います。

テクニカル的には下げすぎ状態となっておりこの面からも注目されますが、MACDもマイナス圏まで下げてからプラス圏に転じつつあります。
相場の流れをいち早く示すパラボリック指数はずっと売りシグナルが点灯していましたが、少し反転したらきょうあすにも買いシグナルに変わりそうな状況にあります。
新型肺炎ショックが襲った1/27、28はともに逆行高していました。外部環境が最悪でも安心して買える銘柄との判断があったからではないかと思います。
本日は堅調だった分の反動が出そうですが、ここは狙い目でしょう。
信用買い残が30.4万株ありますが、「貸し株」が113万株超も出ています。需給は極めて良好です。

(29日株価4840円-30円 )買いゾ~ン4890円まで 見切りライン4539円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制