ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

人気ブログランキングへ

注目の厳選銘柄

廣済堂(7868)

きょうは材料株です。恐らく火葬場の最大手でしょう。いま火葬場は対応できない状況となっています!

売り方の買い戻しで上げている面が大きいようです。きょうの日経紙にも出ていました。
この水準からは強気にはならないでください。

きょうは本当の意味で材料株です。割り切って買える方だけが対象です。
こんなことを書いて申し訳ありませんが、「人は必ず死にます」。そのとき何が必要か。
葬祭場というのは分かります。関連会社が何社も上場していますから。
それではなく、いま最も不足しているのは「火葬場」なんです。東京都区内には火葬場併設の葬祭場は9か所しかありません。東京都下では7か所(島部を除く)です。

火葬場はもう新設不能となっています。周辺住民が絶対認めないからです。
それで火葬場はいま順番待ち状態(1週間程度)になっています。「東京・火葬場」で検索していただいたら混雑・待ちといった検索ワードがいっぱい出て来ます。
高齢化は今後さらに進みますから、将来はもっと凄い順番待ちになってくるはずです。

実は同社の子会社、東京博善社(資本金40.5億円、出資比率60.9%)は区部9か所のうち6か所の火葬場付き葬祭場を運営しており、需要(?)を一手に引き受けています(因みに皇族は同社の落合葬祭場を利用しています)。
そのことを知ったのは昨日引け後のラジオ日経の株式番組「視界良好!杉村商店」です。

それを聴いた後、色々調べ上記のことが分かりました。
業績は堅調で、会社四季報速報版は今3月期は売上高360億円(前期比3%増)、経常利益22.50億円(同8%増)、当期利益32億円(前期は▲4.71億円)になると予想しています(当期利益の急増は不動産売却益を計上するため)。
会社四季報コメントには出版・商業印刷は想定以下だが、収益源の葬祭事業が牽引していると出ています。

このところの株価の動きは不自然です。前日比変わらずを2日挟み14連騰。昨日は新値更新となっていました。
何かを嗅ぎ取った大口が買っているような動き方です。
少なくとも買われる何かがあるはずです。
チャートを見たら怖くて手は出ませんが、週足チャートや月足チャートを見たら分かりますが、全然高くありません。

前期の最終赤字で今期は無配となるようですが、2期前は7円配当していました。
復配となれば株価位置は変わってくるはずです。
信用倍率は7.01倍と買い長で信用買い残が51.2万株ありまが、「貸し株」も7.3万株出ています。
昨日の出来高が23.6万株ですから需給は問題視するほどではありません。
1株純資産は971円もあります。
安すぎるのではとみています。

(11日株価431円+13円) 買いゾ~ン460円まで 見切りライン379円 100株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制