ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

島津製作所(7701)

さすが島津製作所。逆転サヨナラ満塁大ホ-ムランです。世界の新型コロナウイルスの検査が一変しそうです!

きょうは島津製作所。分析・医用・計測機器の大手でノーベル賞受賞者を輩出した会社です。ネットを検索していて見付けました。
会社がそれを発表したのは4/10の前引け後です。株価はそれを受けて上昇しています。5分足チャートでチェックしてください。HPを見ないと分からないので、これに気付いた方はさすがだと思います。

ネット動画を見てこれは凄いと思い4/10の夕刊と11日の朝刊を改めてチェックしました。見つからないのでもう1回チェックしたら、朝刊の隅っこに3段の小さな記事が出ていました。
「1時間でウイルス判定」、「検査キット20日発売」との見出しですが、探し出すぞという気迫で探さないと見逃すような作りになっています。

ウイルスの有無を調べるPCR検査は普通4~6時間かかります。検出時間が短い手法でも2時間かかるとのことですが、同社製は1時間で可能。キットには必要な試薬がすべて含まれており、直ぐに検査が実施できるとのことです。
検査では鼻や喉から拭った検体をたんぱく質など遺伝子を増幅するための反応を阻害する不純物を取り除く必要があるが、ノロウイルスなどの病原体検出技術を応用し、それを取り除かずにウイルスを検出するとのこと。

注目されるのはその精度で、陽性一致率・陰性一致率はいずれも100%。
今のPCR検査は精度が極めて低く20~40%といわれています。陽性だった人が陰性だったり陰性だった人が陽性になって死亡したりメチャクチャで、「鉛筆倒し」の方がいいくらいだと思っていました。
自国の検査キットの優秀さを世界に自慢していた韓国の製品は使い物にならない、と米国ではダメ判定しているくらいです。
検査キットは1個22.5万円(100個入っているので1個2000円ちょっと)します。4/20から国内の医療機関や検査受託会社向けに発売し、当面、月間10万検体分を生産、5月から海外への輸出も視野に入れて準備するとのことです。
これの投入で検査の世界は一変しそうです。
医療スタッフは大変な作業から解放されるので、検査数を絞る必要もなくなった感じです(病床が問題ではありますが)。

業績は好調で4~12月期までは過去最高ペースで来ています。
2020年3月期業績と4月以降の見通しは分かりませんが、会社四季報は今3月期も最高益が続くと予想しています。
今の相場は業績が悪くなることを前提に形成されていますので、今期業績についてはあまり気にする必要はないと見ています。
買いたくなるチャートではありませんが、東証1部の1721銘柄が最安値を更新したあの3/13に大底は入れています。
下値リスクはそうないと思いますので、割り切れる方には狙い目ではないかと思います。
信用倍率は1.86倍と接近、「貸し株」が210万株超出ています。需給は良好です。
なお制限値幅は500円です。

(10日株価2905円+132円) 買いゾ~ン3355円まで 見切りライン2615円(昨日安値の1円下です)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制