ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

富士電機(6504)

サプライズの決算です。今期は11期ぶりの最高益となります。売り方は買い戻さざるを得なくなっています!

本日から決算プレーが始まります。
決算プレーでは急増した買い需要が途切れたら下落するケース(特に中小型株の場合)が多いので、注意が必要です。
寄り付き買いを買い、引け近くでの売りが基本ですが、決済するか持ち越すかは2:30以降に「リアル情報」でお知らせします。

本日は主力大型株。
決算を見てびっくりしました。
9月中間期が売上高3950億円(前年同期比12%増)、経常利益117.26億円(同329%増)と2ケタ増収益となってたからです。予想が売上高3700億円、経常利益45億円でしたから出色の内容。
これを受け、通期売上高を8500億円→8700億円(同3%増に)、経常利益を470億円→510億円(同10%増)に増額修正しています。
会社資料には予想以上に売り上げが伸び、それに伴い利益が伸び、原価軽減効果が寄与したと出ていました。
受注がどの程度伸びたかは不明ですが、会社四季報のコメントが強いものになっていますので、下期も堅調に推移するとみられます。

同社は下期偏重型の収益構造になっています。想定為替レートが1㌦=105円、1€=115円ですから、為替から見ても上振れ余地大の予想内容となっています。
過去最高益は2007年3月期に記録した487億円ですから、今期はそれを11年ぶりに更新することになります。

信用倍率は0.60倍と売り長で売り残は200万株あります(昨日出来高は527.3万株)。このほか「貸し株」に出ている株が1396万株。これは2.6日分の出来高に相当します。
株価は昨日704円まで上昇、一時年初来高値を更新しました。
2000年以降の株価の最高値は2006年5月の704円です。昨日それに並びましたが、11年ぶりの最高益更新となりますので、それを上回っておかしくありません。
なお高値圏での推奨となりますので、見切りラインには注意してください。

このほか買い推奨するか最後まで迷った銘柄はJCRファーマ(4552)、小野薬品(4528)です。
1銘柄に絞らなければならないため選に漏れただけです。
この中に眼鏡にかなう銘柄があったら各自の判断で売買してください。

(26日株価686円-1円) 買いゾ~ン750円まで 見切りライン669円 1000株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制