ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

大崎電気(6644)

 好決算を好感して急伸した後もしっかりの展開が続いています。本日は前日比変わらずで引けましたが、一時は15円高の734円まで買われ、新値更新かという場面もありました。東証1部の1419銘柄が値下がりする全面安商状の中にあっては、かなりの強さといえます。
 足元は高値もみ合いの動きとなっていますが、4/24の直近安値(450円)から6割強上昇したあとにしては、下げは極めて小幅。基調は相当強いと見ていいと思います。過熱感もなくなってきたことから、もみが煮詰まったら一気ではないかと思われます。
 業績は好調。前3月期は減益決算になるとみられていたのですが、発表された決算は売上高499億円(前期比37%増)、経常41億円(同8%増)と予想を大きく上回り、7年ぶりに過去最高益を更新する内容。今期も売上高545億円(同9%増)、経常56億円(同35%増)と好調予想で、最高益更新が続く見通し。
 好業績が続いているにもかかわらず、昨年5月の高値から下げの限界といわれる半値八掛け二割引き(68%)を上回る73%の下げを余儀なくされただけに、反動は大きなものになるのではないでしょうか。時価はPERで11.2倍台と割安感が強く、PBRも1.12倍台。(株価719円±0円 見切りライン660円)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制