ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > 多摩川HD(スタンダード6838)

注目の厳選銘柄

多摩川HD(スタンダード6838)

業績はいまいちですが、そこが狙い目。株価の流れは変わったとみています!

2日間銘柄無しとしましたので、本日は紹介します。多摩川HDです。
チャートを見たら分かりますが、週足チャートは底入れ反転の動きに変わっています。
2020/10の直近高値からの下落率は70.5%、コロナショック後の高値(2020/5)からは73.0%となっています。
これ以下にはならないとされる「半値八掛け二割引き」以下まで下げてから動きが変わってきたので、流れは変わったとみられます。

業績はいまいち。
会社四季報は「会社比弱気」とし、会社が売上高68.45億円(前期比1%増)、経常利益2.97億円(同144%増)としている2022年3月期業績予想を売上高65億円(同3%減)、経常利益2.70億円(同123%増)に引き下げています。
第3四半期決算は売上高41.51億円(同25%増)、経常利益1.96億円(同123%増)となっていますが、この決算を受けた2/15は急落する動きになっていました。第3四半期が売上高12.44億円、経常利益0.35億円と落ち込んだからです。
進捗率からみても達成可能かいぶかる内容でした。
この決算で業績不振は織り込んだと思います。

今3月期業績について会社四季報は売上高68億円(会社四季報予想比4%増)、経常利益4.20億円(同55%増)と大幅な増益を予想しています。
そうなるかは分かりませんが、業績不安は織り込んでいるので、底入れしたとみられるここは狙い目でしょう。
信用買い残は42万株とやや過大ですが、「貸し株」も17万株超出ています。需給に問題はありません。
なおPTSは930円+42円(5.04%)、出来高29万7300株となっています。

(25日株価888円-78円) 買いゾ~ン970円まで 見切りライン759円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制