ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > 多摩川ホールディングス(JQ6838)

注目の厳選銘柄

多摩川ホールディングス(JQ6838)

超出遅れです。業績は予想以上で、今期は2期ぶりに最高益を更新の可能性も!

きょうは超出遅れ銘柄です。多くの銘柄がコロナ前の株価を回復している中、下回ったままです。業績が予想以上のペースで推移しているだけに、いずれ見直される可能性大です。

業績は急ピッチで回復しています。
2021年4~6月期は売上高19.40億円(前年同期比66%増)、経常利益1.69億円(同182%増)と大幅増収益を達成しました。
中間期業績予想は非開示としていませんが、会社四季報の中間期予想が売上高23億円(同1%増)、経常利益2.20億円(同10倍)ですから、出色の内容といっておかしくありません。
通期では売上高66.45億円(同1%増)、経常利益2.97億円(同144%増)を見込んでいますが、進捗率からみて大幅な上振れが濃厚。
同社の収益構造は下期集中型です。前期は極端でしたが、通常ベースでは上期4に対し下期6の売上比率になります。
過去最高益は2020年3月期に記録した6.72億円ですがら、需要構造、利益進捗率を考えたら、2期ぶりの最高益更新の可能性もあり得る内容といえます。

株価は底入れ反転の動きに変わっています。底値から23%超上昇しているので、そろそろその反動が出る可能性がありますが、ここは狙い目でしょう。

信用買い残が50.9万株と過大ですが、「貸し株」も45万株超出ています。需給に問題はありません。
10日の売買代金が9160万円と1億円を下回っているので、注文には注意してください、
なおPTSは1466円+100円(7.32%)、出来高3300株となっています。

(10日株価1366円+6円) 買いゾ~ン1550円まで 見切りライン1199円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制