ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > 佐世保重工業(7007) 

注目の厳選銘柄

佐世保重工業(7007) 

 前期業績の減額見通し報道などを受けて大きく売られましたが、漸く戻り歩調に転じてきたようです。造船業界は先行きへの業績期待が高かった業界のひとつでしたが、全般相場の急落などもあって昨年10月以降、急激な下落に見舞われました。同社の場合で株価は10月の高値(881円)から4/15の安値まで実に69%強も下落。赤字になるわけでもないのに7割近い下げになっていました。背景には止まることを知らない鋼材価格の上昇があったと思われます。どれだけ値上げされる分からない不安がこんな下げを演出したといえなくもありません。
 先日、新日鉄と三菱重工業との間で鋼板値上げで合意が成立しました。上げ幅はトン当たり3万円で約4割の値上げとなります。これだけで造船業界では年間2000億円強のコスト増になると報じられましたが、株価は逆に好感される結果となりました。悪材料出尽くしと捉えられたか、コスト削減の徹底などで吸収可能と判断されたからでしょう。
 その1日前に発表された決算でも、今期は売上高800億円(前期比20%増)、経常59億円(同79%増)と発表しており、ある程度のコスト増は吸収可能との見方を示していました。
 最大の不安材料が消化されたため、ここは買いに分があるとみます。今期経常の59億円は9年ぶりの最高益更新となるわけですから、それなりの評価をしなければなりません。チャートも窓埋め拒否型の強い動きになっています。下げがきつかっただけに狙い目は大とみられます。(株価397円+21円 見切りライン349円)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制