ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > 丸藤シートパイル(8046) 

注目の厳選銘柄

丸藤シートパイル(8046) 

 本日の相場で逆行高。上昇率7.2%は東証2部の値上がり率ランキングの第8位。全面安の中で上昇している銘柄は株価の基調が強いと判断しなければなりませんが、同社の場合は上昇率、出来高からみて中途半端な上げではありません。
 需要環境には厳しいものがありますが業績は堅調。今3月期経常は14%減の1250百万円を見込んでいますが、過去最高となった前期からそう落ち込むわけではありません。いまの収益環境を考えたら健闘しているほうでしょう。
 同社は12/20までに40万株(発行株式総数の1%)、1億円を上限とした自社株買いを実施中。11月までに取得した自己株式は累計36.4万株(取得金額は6616万円)。株価は11月から大きく下げていますが下げに加速が付いてきたのは今月に入ってからです。自社株買いの資金が底を付いたからではないいかと思い会社にTELしたところ、インサイダー規制に引っかかるため回答はできませんが、考え方は間違ってないとのことでした。
 今月に入ってからの急落が自然体の急落であれば、大きく下げたここは狙い目。底値圏で出来高が膨らんできたのは恐怖感からの投げが原因であり、今週はセリングクライマックスだったともいえます。
 PERは7.2倍台と超割安。1株純資産が632円あるのに株価は118円。PBRは0.18倍台にすぎません。そこそこの業績をあげ8円配当を行っているのに新興不動産株以下の評価しかされていません。ここは格好の買い場でしょう。新値3本足も本日陽転。週足も底打ちしたようないいチャートになっています。(株価118円+8円 見切りライン107円)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制