ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

人気ブログランキングへ

注目の厳選銘柄

三越伊勢丹(3099)

もう下げなくなっています。後は上がるだけだとみています!

地政学リスクの高まりから個人投資家は利益確定売りに走っていますが、機関投資家は個人とは違う見方をしていると日経紙が報じています。
日経紙によると「ここで売るのは得策ではない」と考えているようです。マザーズ指数が3%安となっているのに機関投資家の好む大型株指数は0.8%安。これもその表れとしています。
大型株は年初から下落していましたが、耐性が出て来たと報じています。

本日はそれに沿った銘柄。実は8/30に紹介しようと思っていた銘柄です。
同日、日経新聞が「訪日消費 第2幕」としてインバウンド需要を特集していましたが、百貨店もその恩恵を受けていとのことです。
百貨店は爆買い失速で昨年は大幅減収となりましたが、「・・・その後も訪日外国人は増え続き、にぎわう売り場に失速感はない。免税品の売り上げは昨年12月から前年比プラスに転じ、2年前の爆買い時代を上回ってきた」と報じています。同社の杉江社長は「結局、転売目的の大量買いがなくなっただけ」と話していたとと報じています。

こうしたことを反映し業績は急速に回復しています。
2017年4~6月期は売上高2966億円(前年同期比0.7%増)、経常利益81.30億円(同10.8%増)と出色の内容となりました。
中間期で計画している経常60億円(同20.8%減)を大きく超過達成しています。
通期業績は売上高1兆2650億円(同0.9%増)、経常利益200億円(同27.1%減)と従来予想を変えていませんが、一転、増益となる可能性大です。

株価は3月の直近高値から28%超下げましたが、もう下げなくなっています。
耐性が付いてきた証拠です。
信用倍率は1.39倍と接近しており「貸し株」が1624万株超出ています。これは昨日出来高の12.98日分に相当します。
下げなくなってきたので売り方は買い戻すしか手がなくなったように思います。

(4日株価1130円+7円) 買いゾ~ン1160円まで 見切りライン1054円 100株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制