ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > 三菱マテリアル(5711)

注目の厳選銘柄

三菱マテリアル(5711)

 Jパワーと共同で約400億円を投じ2016年に出力6万キロワットの地熱発電設備を建設すると日経新聞が報じたことを受け大発会以降、堅調な動きになっています。経済産業省も地熱発電開発を支援しており、4月までに初期投資への資金支援や国立公園内で事業化する場合の規制緩和策等をまとめる方針と報じています。
 環境関連の出遅れとして注目されますが、同社は太陽電池関連の側面も持っています。太陽電池に使用される多結晶シリコン大手のSUMCOの大株主。同社では新工場建設などで生産能力を大幅増強を計画しています。
 株価は一昨年7月の799円から昨年11月には166円まで売り込まれました。下落率は8割弱にもなります。しかしその後は戻り歩調。大発会以降はずっと75日線を上回った状態が続いています。273円を越えると一目均衡表の「雲」も抜けて来ます。週足も良好。大きく売られた銘柄だけにある程度のリバウンドには期待出来ると思います。(株価262円+19円 見切りライン230円)

(銘柄フォロー)J-TEC(JQ7774)106900円-4300円

 3日続落となっていますが悪材料が出た訳ではありません。前回も25日線にタッチして切り返しおり、今回も同じような動きになる可能性は充分あります。これは新興銘柄全般に言えることですが、NY市場が堅調で1部市場が活況状態になると新興市場には資金がはかなか回って来ません。しかし新興市場がダメかというとそうでもありません。循環物色ですからいずれ新興市場にも買いが入って来るでしょう。新興銘柄をお持ちの方は今は我慢です。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制