ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > 三益半導体(8155) 

注目の厳選銘柄

三益半導体(8155) 

 マイナス圏の動きが続いていましたが、大引けにかけて切り返しプラス引けとなりました。本日の全面安相場の中ではかなりの強さといえます。
 27日に発表した今5月期の第3四半期業績が予想を上回る内容だったことが材料視されています。第3四半期までの9ヶ月間の経常利益は前年比37%増の5851百万円。通期計画の60億円(前期比18%増)は変更していませんが、計画に対する利益進捗率は98%に達しており、大幅増額が濃厚になっています。
 来期経常は更に拡大する見通しで、最高益更新が続く予想。半導体関連の中では先が読める数少ない銘柄のひとつともいえます。半導体業界の先行き不透明感もあって昨年10月の直近高値から45%も売られましたが、足元は底入れから反騰局面に変わりつつあります。
 PERは17.0倍台と割安感がありPBRも1.40倍。あすにも25日線と75日線がゴールデンクロスしそうで、信用倍率1.51倍と取り組みも接近しています。ここは格好の狙い目で、中期投資にも最適でしょう。(株価2035円+20円 見切りライン1850円)

(銘柄フォロー) 中外炉工業(1964)440円-40円
 急落。利益確定売りや全般安が響きました。悪材料が出たわけではありません。チャートは崩れておらず、心配する必要はありません。以前の高値保ち合いに戻ったともいえますが、内容的にしっかりしており、来期(といってもあすからですが)は大幅増益に転じる見通しです。来期の業績が懸念されている中での増益予想はインパクトがあると思います。もみが煮詰まったら再び上放れの展開になる公算大です。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制