ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > 三晃金属工業(1972)

注目の厳選銘柄

三晃金属工業(1972)

 大幅反発。高値もみ合いが続いているなかでの大幅高だけにもみが煮詰まってきた可能性が出てきました。まだ可能性という段階ですが、358円のフシ突破となればその可能性は一段と強まります。ただ買うのは1月に付けた高値365円を突破してからでも遅くはないと思います。
 本日は同社株だけでなく、GSユアサ(6674)、日本製鋼所(5631)、新神戸電機(6934)、FDK(6955)、フェローテック(6890)、NPC(6255)など新エネルギー関連が一斉に上昇しました。売り方の買い戻しが一段落して市場が手詰まり状況になってきたため、分かりやすいテーマである新エネルギー関連に再び目が向かって来たからではないかと思われます。
 今年から太陽光発電を普及させる国の「太陽光・省エネ世界一プラン』が始まります。その中に公立の小・中・高校3万7000校に太陽光発電設備を設置する計画が盛り込まれています。同社は学校を始めとした公共施設の太陽光発電施設工事で圧倒的シェアを持っているため、受ける恩恵は大きなものになるはずです。
 業績面からは買いにくい銘柄ですが、チャートからは狙い目大となっています。どちらかというと割り切って買える方向きの銘柄です。(株価354円+22円 見切りライン315円)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制