ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > 三晃金属工業(1972) 

注目の厳選銘柄

三晃金属工業(1972) 

 安く始まりましたが売りが一巡したあと切り返してきました。高値から4日目で切り返す形。本日の全面安相場の中では強い動きといっていいでしょう。出来高もそこそこ出来ています。目先の底を付けた可能性が強まってきたように思います。太陽電池関連ではあまり注目されていなかっただけに、戻り高値更新となればこれまで以上に人気を集める可能性も充分。
 あと3円高して340円になれば新値3本足が陽線3本となります。チャート妙味も増しており、ここは期待の高まるところでしょう。新規で買う場合は戻り高値を更新してからでも遅くはないと思います。業績は順調で今期はわずかながらも増益予想。予想PERは19.9倍台でPBRは1.37倍台。投資尺度からは割高感はありません。
 地球温暖化対策の切り札の一つとして太陽光発電が注目されており、米国を始め主要各国がその普及促進に力を入れようとしているだけに、今後、折に触れ物色されると思います。ソーラー発電システム普及のため国内では本日申し込み分から購入費用の約1割補助(東京都の場合は都の補助もあって50万円程度の補助金が出ると云われています)も始まります。
 「環境」関連では自動車用2次電池や太陽電池製造装置メーカーなどが注目されがちですが、いずれ同社にも人気が回ってきます。(株価337円+18円 見切りライン300円)

(銘柄フォロー)夢真HD(HC2362)69円+5円

 本日、予想通り12月の月次報告が出ました。10-12月の総売上高は1691百万円(前年同期比16%減)。
M&Aで買収した子会社の売り上げがあったため前年比では減収となっていますが、計画に対しては9.2%の超過となっています。計画に対する月次売上高の進捗状況は10月が104.1%、11月が113.7%、12月が110.1%。予想以上の回復となっています。決算発表が楽しみになってきました。詳細についてはお問い合わせください。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制