ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

三井金属(5706)

出色過ぎる決算です。高値圏にありますが、ここは狙い目!

米大統領選以降、先物に絡んだ売買が急増し、225中心の動きになっています。
弱気ポジションを組んでいた多くの投資家が急速な上げに耐え切れず、買い戻しを迫られたのが主因だとみています。
昨日、「日経平均が大幅高になっているのに全面高商状にはなっていません」と指摘した背後にはこうしたことがあったわけです。
当面は大型株がいいかもしれません。昨日紹介したホンダやキリンHDも大幅高していました。
本日は三井金属です。

決算をチェックしていてびっくりしました。
コロナで経済が混乱しているこの環境下で増収を確保し、大幅増益を達成していたからです。
予想通りの業績なら、昨年11月に付けた高値(3295円)超えがあっておかしくありません。

9月中間期は売上高2246億円(前年同期比5%減)、経常利益140.86億円(同184%増)と凄いものでした。
予想が売上高2150億円、経常利益▲10億円でしたから出色過ぎる内容です。
この決算を受け、通期売上高を4700億円→4800億円(同1.5%増)に、通期経常を10億円→220億円(同136%増)に増額修正しました。
4~6月期の経常赤字が17.81億円だったので、7~9月期の黒字額は158.67億円となります。順調なら下期は158.67億円×2の利益が出てもおかしくないので、今期経常は458億円前後に拡大する可能性もあるわけです。そうなったら本当にびっくりですが…。

株価は高値圏にありますが、上昇トレンドが継続中なので問題はないとみています。2月に付けた年初来高値はもっと上です。
前期より2.3倍も利益が伸びる見通しになっているので、ここは狙い目でしょう。
信用倍率は1.34倍と接近しており、「貸し株」が152万株超出ています。需給面からも注目されます。
なおPTSは3150円+337円(11.98%) 出来高900株となっています。

(9日株価2813円+77円) 買いゾ~ン3055円まで 見切りライン2599円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制