ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

三井金属(5706)

出色の決算です。順調なら今期は14期ぶりの最高益更新となる可能性も!

三井金属か井関農機か今仙電機かで悩みましたが、同社を選びました。準主力銘柄であり決算プレー銘柄としては最適だと思ったからです。出来高に注意を払う必要のない方は他の銘柄に行っても大丈夫です。

足元の株価は底練りの動きとなっています。底入れはまだ確認されていませんが、テクニカル的に下げすぎ状態となっていましたので、6月の2939円で入れた可能性大です。
こんな中、出色の決算を発表しました。

2021年4~6月期は売上高1470億円(前年同期比59%増)、経常利益212.35億円(前年同期は▲18.39億円)とV字回復。中間期で計画している経常利益(195億円)を上回る利益をたたき出しています。
これを受け、通期売上高を5850億円→6250億円(同19%増)に、通期経常を350億円→520億円(同1%増)に増額修正、今期は一転増益になると発表しています。
今期経常は14年前の2007年3月期の最高益(565億円)に迫る見通しですが、進捗率からみてそれを更新する可能性も出てきたのではと見ています。

下値リスクは乏しいとみられるので、ここは狙い目でしょう。
PERは4.76倍、PBRは0.80倍です。指標面からみても割安さが際立ちます。
信用買い残が163万株ありますが、「貸し株」も126万株超出ています。需給に問題はありません。
なおPTSは3260円+175円(5.67%)、出来高8300株となっています。

(6日株価3085円±0) 買いゾ~ン3400円まで 見切りライン2939円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制