ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > ワークスアプリケーションズ(JQ4329) 

注目の厳選銘柄

ワークスアプリケーションズ(JQ4329) 

 本日の終値は前日比4100円高の59000円。5月18日に付けた戻り高値と同値で引けました。米株高を受け本日の日経平均株価は127円高となりましたが、先物に引っ張られた形の上げで、全体相場が必ずしも堅調だったわけではありません。こうした中、一時59700円まで買われ戻り高値を更新する場面がありました。株価の基調が弱くない証左でしょう。
 リーマンショック後の環境激変を受け、需要先で不要不急のアプリケーションソフト購入を手控える傾向が顕著となったため、今6月期業績を下方修正しましたが、ここへ来て給与分野を中心にパッケージソフトの需要はなり回復しているようです。今期の連結経常利益は下方修正した3070百万円(前期比10%減)は確保できる見通しで、大和総研では投資判断をやや強気の「2」、岡三証券では「強気」にそれぞれ設定しています。
 来期は一段の好転が期待されます。同社では来期の連結経常利益は今期予想比3割増の40億円はいくだろうと試算しています。最悪の場合は新卒者の採用に毎期売上高の10%をかけて行っているインターンシップを見直すことで達成できるだろうとコメントしています。
 いまの経済環境で30%増益予想を発表したら好感される可能性大でしょう。来期基準のPERは12.5倍に過ぎません。ポテンシャリティの極めて高い会社だけに、ここは決算発表を見据えて買いを考えるところでしょう。2月4日に作った大量のシコリも完全にほぐれました。
(株価59000円+4100円 見切りライン53100円)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制