ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > ワークスアプリケーションズ(JQ4329) 

注目の厳選銘柄

ワークスアプリケーションズ(JQ4329) 

 ストップ高5連荘を交えて6連騰したあと調整場面が続いていましたが、調整局面もそろそろ一巡となりそうです。12/4の底値から12/11の高値をつけるまでに要した日数が6日で高値から本日までが6日。日柄的にも符合します。
 また37800円の安値から64700円の高値までの上昇幅が26900円。この3分の1押しが55740円、半値押しが51250円となります。株価はまだ底値圏にありますので最大下がったとしても上げ幅の半値押しはないと思います。サポートラインになるとみられる25日線が52740円していることからみても、下がったとしても51000円台でしょう。
 今6月期業績を下方修正しましたが、減額した業績は最低限達成できる数値と考えているということでした。本日の株式新聞にも似たような記事が出ていましたので会員欄を参照ください。
 最大の注目点は自社株買い。自社株買いは4万6000株(発行済み株式総数の10.18%)、40億円を上限としたもの(取得期間は11月1日から来年6月30日)。同社の浮動株は5万1300株程度しかありませんからそのほとんどを買い付ける計算になります。11月末日までの1ヶ月間の買い付け株数は9819株(買い付け金額5億4400万円)。同社では早いピッチで買い付けを行っているといっています。自社株買いを発表したとき(10/31)は地合いが悪すぎて好感されなかっただけに、狙い目は大。ここからは買い下がりに分がありそうです。(株価55500円-500円 見切りライン50000円)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制