ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > ロードスターキャピタル(M3482)

注目の厳選銘柄

ロードスターキャピタル(M3482)

業績は好調で今期も最高益更新見通し。なのに株価は上場来安値圏まで下げています!

きょうはロードスターキャピタルです。
決算(5/8発表)を好感して急伸して始まった後、一転、売りに押される動きになっていました。
令和の下落相場に巻き込まれたためですが、6月に入って下げ渋る動きに変わっています。
2月の直近高値からの下落率は33%超、昨年来高値の1540円(2018/8)からは50%超の下落となります。
テクニカル的に売られ過ぎ状態となっていましたので、6/3の764円で底は付けたとみられます。

2019年1~3月期は売上高45.93億円(前年同期比159%増)、経常利益8.86億円(同159%増)と凄いものでした。
通期では売上高134億円(同39%増)、経常利益7.77億円(同31%増)と最高益を見込んでいますが、会社四季報は「会社比強気」とし、売上高は140億円(同44%増)に、経常利益は30億円(同41%増)に拡大すると予想しています。

米中貿易摩擦の先行きが読めないため、今の相場は最悪のケースを想定して動いているように思います。
昨年12月の急落はそれが極限まで高まった結果ではないかと思います。
それが正鵠を得ていれば、ここからの一段安はないはずです(それを裏付けるデータを後ほど紹介します)。

マインド委縮で株価は上場来の安値圏まで下げています。
ここからの下値リスクは乏しいとみられるので、下げ過ぎたここは狙い目でしょう。
信用倍率は1.80倍と接近しており「貸し株」が44万株超出ています。需給は良好です。

(19日株価805円+2円) 買いゾ~ン850円まで 見切りライン763円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制