ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

レカム(JQ3323)

業績は好調で今9月期も最高益更新予想。なのに株価は昨年来の安値まで下げています!

業績の先行きが不透明になってきたので、相場には方向感がなくなっています。
JCは景気敏感株は紹介していませんが、主力株がおかしくなるとどうしてもその影響を免れません。
10連休のせいもあって各社の業績見通しは分かっていません。
それが分かるのは会社四季報・夏号が発売される6月半ば以降です。
それまでは何を買ったらいいかわからない相場が続くはずです。
暫くは無理な売買は控えてください。
本日はレカム。

好決算を発表しましたが、急落しました。
しかしすでに底を入れ、反転の動きに変わろうとしています。
テクニカル的には「超」売られすぎ状態となっていましたので、5/21の117円で底は入れたとみられます。

3月中間期は売上高45.04億円(前年同期比51%増)、経常利益2.64億円(同34%増)と大幅増収益を達成しています。
通期業績は売上高125億円(同71%増)、経常利益12.80億円(同103%増)を据え置いていますが、最高益を大きく更新の見通しです。
この決算(発表は5/13)でなぜ急落したか分かりません(同社は中間期業績予想は発表していません)。
中間期経常が会社四季報予想の2.80億円を下回ったからか、通期での増額修正がなかったからか、はたまた会社四季報が「会社比弱気」とし通期経常を10億円に引き下げていたので、中間期の未達(会社四季報予想比で)から通期での減額があると受け取られられたのかなど、様々な理由が考えられますが、昨年来安値となるここまで売られる業績ではありません。

下げ過ぎだとみられるので、ここは狙い目でしょう。
信用買い残が364万株超ありますが、「貸し株」が1046万株超出ており、需給は良好。
「貸し株」は5/17で終わる週に114.6万株増えていますので、底値を叩いた可能性があります。

(23日株価126円-2円) 買いゾ~ン140円まで 見切りライン116円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制