ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

レカム(HC3323)

 本日はNTTドコモがIP技術を活用して固定回線を利用するとした報道があり、周辺の技術ベンチャー銘柄に連想買いが波及しました。ネットマークス(3713)、ソフトフロント(HC2321)、日本通信(HC9424)、レカム(HC3323)などがその代表。その中からレカムを紹介します。
 情報通信機器の販売やPHSなどの製造が主力。3月中間決算は売上高56億円(前年比3%増)、経常113百万円(同554%増)と予想を上回る内容。通期でも今期は売上高127億円(同6%増)、経常390百万円(同236%増)と大幅な増益を達成する見通し。06年9月期に一度赤字に転落しましたが、その後は急ピッチで回復、今期は1500円の復配も予定しています。
 株価は上場時の04年7月の高値(280000円)から今年3月の安値(18000円)までほぼ一本調子で売り込まれました。この間の下落率は実に93%強。倒産価格まで売り込まれた格好ですが、その業績は急ピッチで回復しています。
 これを受け株価も回復に転じています。本日は出来高を伴い直近のフシを払いました。ここからは35万円までフシはありません。200日線回復から動きが速くなる公算大でしょう。PERはまだ6倍台に過ぎません。(株価29500円+3000円 見切りライン26000円)

http://www.ir.recomm.co.jp/pdf/company_news/332320080522-1.pdf


(銘柄フォロー)アクロディア(東マ3823)395000円+17000円

 朝、会員欄で外資証券の格上げについてお知らせしました。378000円の「窓」も埋めての上昇は強いの一言です。本日、新値3本足がはじめて陽転しました。去年と同じで株主総会に向けてここから上昇トレンド入りとなるでしょう。IR担当に確認したのですが、今回のドコモの新機種について、いつもならすぐ出すのに今回は何故、と質問したところ、色々と精査している最中ですので決まり次第発表するとのことでした。決算説明書を見て非常に評価を高めてるところが他にもありそうです。

(銘柄フォロー)日本通信 (HC9424)104000円+10600円

 昨日、この突っ込みは買い場と言ったとおり反発して来ました。上下に大きく動く株ですので日計りもOKです。年初来高値の124000円を抜いて来る可能性大です。

(銘柄フォロー)日本一ソフトウェア(JQ3851)139000円+10000円

 前3月期経常は22%減益となりましたが、今期は316百万円と12%増を計画しています。同社のゲームソフト「魔界戦機ディスガイア」の累計出荷数が100万本達成しました。任天堂DS向けソフト「ザコンビニ大人の経営トレーニング」を今秋発売します。 チャートは5日線回復から一目の「雲」抜けが目前。公募価格は18万円で、それを大きく下回った株価になっています。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制