ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

リブセンス(6054)

上場来高値の7%以下まで下げており下値リスクは小。こうした中、増額修正を発表しています!

本日は決算プレー3日目。
株価水準からみて当日決済は必要ないように思いますが、必要な時は2:30ごろまでに連絡いたします。
本日はリブセンス。

成功報酬型の転職支援サイトを運営しており一時はマーケットの寵児(2013年ごろ)と囃されていましたが、ライバル企業の登場などで厳しい状況が続いていました。
底入れはまだ確認されていませんが、チャートからは今年1月4日の222円で入れたとみています。
2013/7の上場来高値からの下落率は93%超。7%以下の水準まで下がっています。
ここまで下がったら再建は困難ですが、復活しそうな業績となりつつあります。
これ以上はない水準まで下がったので、明るい材料が出れば株価は急反転する公算大です。

同社は業績については6月中間期のみ売上高31億円(前期比11%減)、営業利益ゼロ(収支トントン)見通しとだけ発表しています。
そんな中、昨日、6月中間期は売上高31.60億円(同10.2%減)、営業利益1.21億円(同175%増)、経常利益1.83億円(同105%増)になる見通しと発表しました。
逆算したら売上高は第1Qの15.31億円が第2Qは16.29億円に、営業利益は0.58億円→0.63億円に、経常利益は0.86億円→0.97億円に改善する見通しとなっています。

刮目するほどの改善ではありませんが、同社に対する期待値はほとんどないとみられるので、ここは狙い目と見ます。
信用倍率は2.26倍とやや買い長で買い残が28.2万株ありますが、「貸し株」も20.9万株出ています。需給は良好です。

このほか買い推奨するか迷った銘柄はソルクシーズ(4284:最高益)、大日本住友製薬(4506:最高益)、ベネフィット・ワン(2412:最高益、TOSTNET-3での自社株買いも発表しています)、トランコム(9058:最高益)です。
いずれも業績、チャート面から注目されるものです。
このなかに眼鏡にかなったものがあったら各自の判断で売買してください。

(29日株価250円-2円) 買いゾ~ン280円まで 見切りライン242円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制