ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > リンクアンドモチベーション(東2部2170) 

注目の厳選銘柄

リンクアンドモチベーション(東2部2170) 

 昨日、今12月期業績の下方修正を発表しました。売上高は従来予想の92億円→87億円(前期比6%増)に、経常利益は1620百万円→1570百万円(同18%増)に、純利益は880百万円(同18%増)と修正なし-こんな内容の修正でした。売上高が予想を下回ったのは景気後退に伴う業績低迷で中小企業向けコンサル業務が計画を下回ったのが理由。これに伴い経常利益を5000万円減額しましたが、大した減額ではありません。いまの収益環境の厳しさを考えればむしろ評価すべき業績ではないかと思います。
 組織・人材採用やブランド戦略などのコンサル業務を主力とするコンサル会社。00年3月の設立以来、猛烈な勢いで伸びており、今12月期の売上高は業界大手の(9757)船井総合研究所(設立1970円3月)の100億円と比べても遜色はありません。他社にはないセールスポイントを持っていることがそうさせているのでしょう。船井総研は今期減益見通しですが、同社は設立以来、最高益更新が続いています。
 株価は2ヶ月以上に亘って底練りの動きが続いており、いつ反発してもおかしくない形になっています。いまにも動き出しそうな形と言い換えていいでしょう。週足や月足も同じようなチャートになっています。大幅増収益が続き過去最高収益を更新しているのに株価は昨年12月のIPO直後の高値から75%強も売られた水準にあります。小型株の地合いが悪過ぎたからだと思いますが、時価は予想PERでわずか11.9倍台。下値余地のないところまで売り込まれていると見られるため、ここは格好の買い場とみます。(株価779000円-2000円 見切りライン68900円)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制