ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > リックソフト(M4429)

注目の厳選銘柄

リックソフト(M4429)

予想を覆す決算です。大幅高となっていますが、ここは追撃買いの好機!

今週末から決算発表が始まります。決算発表前は基本的に動きようがありませんので、凪になるのが普通です。先物主導の乱高下には惑わされないでください。

本日はリックソフト。2019年2月のIPO銘柄です。同年6月に9325円まで上昇した後、大きく売られました。
下落に弾みが付いたのは今年4月から。決算は素晴らしいものでしたが、今2月期予想が響きました。2021年2月期は売上高44.31億円(前期比43%増)、経常利益6.01億円(同49%増)と予想を上回って着地、最高益を更新しました。
しかし今期は売上高44.20億円(同0.2%減)、経常利益4.13億円(同31.2%減)と減収、大幅減益を見込んでいました。
第1四半期である3~5月期も売上高9.07億円(同0.6%増)、経常利益0.84億円(同5.2%減)と冴えないものでした。
株価はこれを受け、さらに下落しました(発表は7/14取引時間中)。その時も通期予想は従来予想を据え置いていました(注:同社は中間期予想は非開示としています)。

こんな中、8月中間期が売上高19.52億円(同16.3%増)、経常利益1.66億円(同29.9%増)になったと発表しました。15日の318円(17.62%)高はこれに反応したものです。
決算資料には・・・
企業ではリモートワーク、非接触、クラウド、モビリティ、サイバーセキュリティなどの新たな動きや変化が定着。このような変化を受け、次世代のインフラ開発やソフトウエア開発需要が高まり、企業向けサービスが伸びたと出ています。
通期業績は売上高44.20億円(同0.2%減)、経常利益4.13億円(同31.2%減)を据え置いていますが、決算短信の内容から上振れる可能性大ではないかと思います。

上振れて増益となれば今期も最高益更新となります。そうなるとは断言できませんが、ここはあまりにも売られたことを評価すべきではないかと思います。高値からの下落率は83.3%、16.6%水準まで低下しています。
もちろん上場来安値。

急伸していますが、週足、月足チャートで見たら全然安値です。
信用買い残が14万株ありますが、「貸し株」も22万株超出ています。需給は良好です。
なおPTSは2130円+7円 出来高500株となっています。

(株価2123円+318円) 買いゾ~ン2250円まで 見切りライン1735円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制