ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > リサ・パートナーズ(8924) 

注目の厳選銘柄

リサ・パートナーズ(8924) 

 先週末のアーバンコーポレーション(8868)の急落の原因が判明したこともあって、本日は後場から値を戻す不動産株が相次ぎました。そうした中にあって同社株は本日も下落するなど冴えない動きでした。しかしそう悪い動きではありません。長い下ヒゲを引いて大きく戻しており、反発しようという動きを先週末より、より鮮明にしています。出来高も猛烈に膨らんでおり先週末比では実に3.7倍増にもなっています。恐らく過去最高でしょう。不安心理に駆られ、売りたい向きはほとんど投げたのではないかと思います。
 売り物がなくなればあとは上がるしかありません。いま市場では不動産関連株や金融株が売られていますが、これは米市場で金融不安が再燃しているのが原因です。今月中旬にはシティグループなど米金融機関の決算発表が集中しますが、サブプライム関連の追加損失発生は株価に既に織り込まれていますので、発表一巡後は悪材料出尽くしとなる可能性が大です。
 25日移動平均線からの下方カイリ率はなんと26.1%。相対力株価指数も3.9%と売られすぎとされる30%を大きく下回る水準に低下しています。予想PERは4.7倍台でPBRは1.51倍台。ここは買いに分があるとみます。業績など詳細については7/3の「注目の厳選銘柄」をご覧ください。(株価142000円-10000円 見切りライン130000円)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制